海外の探偵事情

海外にもある探偵業者

日本に総合調査事務所があるように、海外にも探偵という仕事は存在します。また、海外を調査してくれる
日本の探偵事務所もあります。この場合は、海外にも事務所をおいてある探偵事務所に
限られてくるでしょうし、お金もものすごくかかってきます。

 

また海外の探偵は日本の探偵とは違う部分がいくつもあります。簡単に出すと
日本では「個人を主とした仕事」をしますが、海外では「企業を主とした仕事」
をします。

 

他にも探偵になるためにはライセンスが必要であったり、場所によっては
銃の保持や認められたり、警察の資料が見れたりします。。海外の探偵の事情などを知ることで、
海外で探偵を使うときも安心でしょうし少しは手助けになるかもしれませんので
海外の探偵の事を少しでも学んでおくのも大切になってくるでしょう。

 

日本では
できないことをアメリカではやりますし、また海外ではできないことを日本では
やってくれますので、日本と海外の探偵の違いを知ってみませんか。

日本の探偵との違い ライセンスが必要

日本の探偵とは違い、海外の探偵はライセンスが必要になってきます。このライセンスを手に入れないと独立開業などができません。

 

しかしこのライセンスを取得することができれば、ある程度の警察情報も手に入り、また銃器の保持も認められ、そして「捜査権」を与えられるのです。
では、そのライセンス取得の合格率なのですが、どのぐらいかと言いますと大体が50パーセント程度と言われています。もちろん、これはあくまで目安であり、洲によって違います。

 

低いか、高いかはその人の価値観によるものだと思います。
しかし、ライセンスの取得が必要と言うことは、日本の探偵と同様、
海外では「探偵」という職業に真剣さを感じられます。

 

それだけ「探偵」という職業は海外では危なく、また必要とされている職業ということなのでしょう。どのような審査をするかはわかりませんが
それなりに厳しい審査だと思われますし、また一番に見られるのは「探偵としての能力があるか」だと思います。